コンテンツへスキップ

「税理士試験」を目指せる人は多い?

お店の経営者や在宅ワーカーのなかには、自分で確定申告をする人もいるでしょう。
複式簿記の知識がある人は、自分ですべて行うことが可能です。
また、自分での申告が困難な人や、忙しくて準備ができない人などは、税理士に確定申告を依頼する方法があります。
このように考えると、税理士は大変身近な存在です。
税理士の仕事を通じて、受験資格などに興味を持つ人もでてくるでしょう。
税理士試験を受けるためには「学識」「資格」「職歴」などのうち、いずれかの条件に該当する必要があります。
「学識」について調べたところ「大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者」との記載があることがわかりました。 
「法律学又は経済学」は、一般教養科目として履修した場合も対象になります。
また、履修科目をクリアできれば文学部などの卒業者も対象になることから、税理士試験を目指せる人は多いかもしれませんね。
もちろん、税理士試験は難易度が高いことはご存知のとおりです。
しかし、受験資格があることがわかると、いつか挑戦したくなるかもしれませんね。
税理士の仕事に興味を持つ人は、受験資格の有無について調べてみてはいかがでしょうか。