コンテンツへスキップ

磨き残しは、歯科に行く度にチェックされるようになっているといえるでしょう。
そう、大人はよく水と機械で結構な刺激を歯に与えている時がそうなんです。
衛生士さんによっては、がんがんくることもあるので、水と機械の刺激でしんどい部分でもあります。
特に何十年ぶりなど久しぶりの歯科だと、磨き残しも厳しく見てくれるようになるといえます。
機械の時々くるチクチク感よりも、出る水が溢れるのをどれだけこまめに吸ってくれるかは衛生士さん次第です。
あとは、この作業を1人の衛生士さんがするか、2人がかりでするかというところにもあるでしょう。
機械をもつ人、水を吸うことだけを担当する人、それぞれいるので、全然歯科終わりの疲れ具合も違います。
なので、その時の歯科の混み具合なんかでも、このチェックが楽に終わるかどうかがわかれそうです。
歯科で手がふさがることは、まずないですが、多少でも力が入る分、なかなか手を挙げられず、ということもよくあります。
がら空きの時間帯の歯科に行くというのは、待たないだけでなく、補助人数を確保しやすいのもあるようです。
それに対し、子どもでは歯の色が特定の色にどれだけ変わるかというチェックだけで終わっています。
やはり、大人のほうは、歯の染色だけでは見つかりにくい病気もあるからなのかなと思いました。