コンテンツへスキップ

昔から前歯の2本が大きくて、そのせいで歯並びが悪くなっていた。
しかし矯正はしていなくて、20歳をすぎたころやっぱり気になると思い仕事もしていることだし、歯列矯正をしようと決意した。
まずは、相談をしに歯医者にいくと上の歯2本、下の歯2本は抜かないといけないと言われた。
顎が小さいらしく、歯が収まりきっていないのが原因と言われた。
そればっかりはどうにもできないし、仕方がない。
昔はよく、出っ歯と言われたりしていた。
それほど前にでているわけではないが、小学生のときはそうやって言う男子が何人かいた。
気にしているからこそ、ショックに感じることは多かった。
今でもその気持ちは抜けず、初めて会う人にはそう思われているのではないかと思ってしまうことがある。
歯列矯正をしてきれいになると、少しはコンプレックスもなくなるかなと思った。
歯列矯正は大人になってからすると、期間も長くかかるみたいだ。
長期戦になるが、頑張っていきたいと思った。
きれいになっていくのを写真にとって見比べることにした。
早くきれいにならないかなぁと思った。