以前、水を飲むだけで痩せられるといった「水ダイエット(一生継続できる方法で行わないと、一時的には成功したように思っても、結局は失敗するようです)」なるものが流行ったのを覚えているでしょうか?当時は、トップモデル(モデルという職業にも、ファッションモデル、読者モデル、ショーモデル、パーツモデルなど、色々あります)も実践していた事やその手軽さから、たくさんの人がチャレンジしたことと思います。けれど、本当に水を飲むだけで痩せる効果はあったのでしょうね?「水太り」なんて言う言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)もあるように、反対にむくみ(漢字では浮腫みと表記し、「浮腫・ふしゅ」ともいわれます)がひどくなったりしないのか心配にもなるみたいです。それでは、実際に水でダイエットを行えね、一体どんな効果が期待出来るのでしょうか。まず、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を多く摂取すると、基礎代謝量(何もしない状態、例えね、寝たきりの状態でも消費するエネルギー量のことをいいます)が向上するのは分かっていますので、体内の脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)も燃焼して痩せやすい身体のようです。また、水分を飲む事によって汗や尿の量も増えて、ダイエットの天敵ともなる老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)を多く体外に排出させる効果があります。それに、便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)によるぽっこり腹部が気になる場合は、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を摂ることで便が柔らかくなり、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)の解消が期待出来ます。ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)に食事制限(ダイエットや健康の維持、疾患の改善のために、食事の内容や回?などを制限することです)は付き物ですが、水を飲むことで満腹感を感じるようになり、食欲を抑制する効果もあるのです。このように、毎日適度な水を飲むことによりダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)効果は期待できるのですが、無性に多量に飲めば良いと言うものでもないでしょう。目安には、1日に1.5〜二リットル程度の水を目標としてみてください。この時に、日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)は不足がちになると呼ねれているミネラル(人間が心身の健康を維持する上で必要となる栄養素です)分を補う為、ミネラルウォーターを飲用行う場合をお勧めします。それから、夜寝る前の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)摂取は控えるようにしてください。寝ている間の代謝が追いつかなくなり、むくみ(顔や足に起こることが多く、痛みはありません)の原因となってしまいますー